子どもが病気になった時



iryou...31



昔に比べて今は、共働きをしながら、
子どもを育てる人の数は、格段に増えている。


仕事と子育ての両立生活で、まず問題になるのが、
子どもが病気になった時だ。


保育園に通わせていても、子どもに熱があったり、
下痢などしていたら、基本的には保育園に預けられない。


誰かが子どもと一緒にいて看病しなければならないが、
二世帯住宅で、どちらかの親がいる場合を別にして、
仕事を休まなければならない必要性に迫られる。


子どもの病気が続くことで、「私が働いているせい」と、
罪悪感を感じてしまう親も、中にはいる。


もっとも、子どもを放置して平然としている親に比べれば、
はるかにマシだと思うのだが。


どんな子どもでも、入園当初は病気がちになるものである。


従って、「私が働いているから」と、
罪悪感を持つ必要は、全くない。


むしろ、仕事に復帰して同じように働こうとして、
自分の身体を壊す親の方が多いものだ。


誰もが通る道と考え、「休みが重なるのは今の内だけ」と、
心に余裕を持つ方が大切である。


休みにくい場合は、実家や隣近所、サポートセンター、
ベビーシッターなどを準備しておくことも、怠らないことだ。


いずれにしても、育児に一生懸命になり過ぎて、
自分の身体を壊しては、元も子もない。


女性の間で手遅れになる、大腸がんや乳がんなどが、
発見されるのも、こうした子育ての忙しさの中で、
なかなか、検診を受けようとしないからだ。


理想と現実は違うと人は言うだろうが、
結果的にどちらが子どものため、
自分のためになるのかよく考えて、行動するようにしよう。